印鑑証明トップ > 印鑑証明 > Q.実印と印鑑証明を貸して、保証人にされた場合、どうすればいいですか。

スポンサードリンク

Q.実印と印鑑証明を貸して、保証人にされた場合、どうすればいいですか。

Q.実印と印鑑証明を貸して、保証人にされた場合、どうすればいいですか。


知らない間に連帯保証人になっていた

「実印と印鑑証明」を友人や親族に貸し、友人や親族が蒸発し、その後、金融機関から、借金の連帯保証人になっているので、支払ってほしいと連絡が来る事例が多々あります。
金融業者が友人・親族をと通謀虚偽(共謀して詐欺行為)をしてなければ、金融業者は善意の第三者であり、金融業者があなたへ請求を行うことは、正当な行為になります。

対処方法

・警察に事情を話し、文書偽造・詐欺等の被害届を出す。
 ・対象:実印を貸した友人や親族
 ・非対象:金融業者(善意の第三者)
・弁護士費用は掛かりますが、法テラスや弁護士に相談を行う。
・あきらめて、受け入れ、借金を返す/自己破産する。
 ・その後、友人・親族を訴え、損害の賠償をしてもらう。

あなたが金融業者に対し、隙を付ける点

・債権書類に書かれた筆跡(おそらく他人の筆跡)
・金融業者の本人確認の甘さ(過失)
※ 連帯保証人に対し、写真付きの身分証明書等により、本人確認をした上で、債権書類に対し、面前で署名押印させていないこと。

あなたに不利な点

・実印と印鑑証明を理由も確認せず、貸してしまったこと
※自ら連帯保証人に名乗りを上げたことと同等の行為です。
※ 印鑑証明の下のほうに使用目的を書いても差し支えはないはずです。これにより、目的外での使用を避けることができます(例:○○○○での使用に限る)。





人気コラム

住民票に関する裏技 Q.戸籍から離婚歴を消す方法を教えてください。
Q.住民票で離婚歴がわからないようにする方法はありますか。
Q.戸籍から離婚した前妻の名前を消す方法を教えてください。
Q.住民票を移動させて、住民税を課税されないようにできますか。
Q.住民票を移動させずに、運転免許証の住所を新住所にする方法は?
Q.住民票の移動が遅れた場合の罰金(過料)を受けずに済む方法は?
Q.住民票の移動した後(引越し後)、いつ選挙権が復活しますか。
   カテゴリ:印鑑証明
ページトップへ戻る

「印鑑証明」に関する記事一覧

ページトップへ戻る
Copyright(C) 1990-2011 日本印鑑証明振興会 All Rights Reserved.